FC2ブログ

秋の休日

横浜に住む長女親子が帰省しています。
今回は自分の楽しみを優先させての休日とのことで。
4歳のむすこくんと、思い切り楽しんで過ごしたいと。

昨日は隣町の観光果樹園に出かけました。
園内はわたしたち3人だけ。
ぶどうはキャンベルとナイヤガラ。
りんごはとき、レッドゴールド、早生ふじ、つがる〜
園内は食べ放題だけど、そんなにお腹に入りませんよねぇ。
それでも、木で完熟したぶどうやりんごは、青森生まれの私でさえ感激するおいしさでした。

今日は息子家族と一緒に、隣村の農場公園へ。
ただただ広く、人工の遊び場などほとんどない公園ですが、
4歳と5歳の孫は、2匹の子犬のように、ころころと駆け回っていました。

IMG_1723.jpg

IMG_1724.jpg

周囲に気を遣うたちの長女です。
ふるさとに帰った時くらい、のびのびと楽しんでくれればいい。
といいつつ、
時間があれば、あれやこれや、おしゃべりがつきない。
一番楽しんでいるのは、わたしかもしれませんねぇ。

子供の頃から通っているレストハウスのパフェ。
今回は絶対食べて帰るぞと決めていたという。
   IMG_1722.jpg
スポンサーサイト



秋に咲く

なにやら忙しくて、庭はもう数ヶ月放置しておりました。
花が咲いても見てもやらず、見てもらえずとも、花は草の中で咲いて散っていました。
やっと今、庭の除草にかかっております。
からみあい繁茂している草の陰で、いくつかの花が、地味に秋の花を咲かせています。
 ばら バレリーナ
  IMG_1720.jpg

 バレリーナの実
  IMG_1719.jpg

 浜菊
   IMG_1718.jpg

古い道具小屋を、今壊していただいています。
傷んでトタンがはげかけていたので、大風が吹く度に、はらはらしていました。
近くを歩く人はほとんどいないけれど、皆無ではありません。
はがれて飛んだトタンが、人や家屋を傷つけることがあるやもしれず、早く壊さなくちゃと。

職人さんと会話するのが、苦手でして。
職人の娘に生まれたのにねぇ。
おやつをお出しするたびに、ぎくしゃく緊張。
さりげない世間話が、どうも苦手です。

だいじょうぶでしたか

台風が日本中を荒らしまわり、やっと去って行きました。
みなさま、被害はありませんでしたか。
ご無事でしたか。

わが家はたいした被害もなく、荒れた夜が明けて、雲一つない青空になりました。
夜中に風雨の音に目覚め、そのまま眠れず、朝までテレビの台風情報にくぎづけでした。
被害に遭われた方々の恐怖を思うとたまりません。
1日も早く、穏やかな日常を取り戻されますようにと願います。
被害のなかったわたしたちが、お手伝いできることを、少しでもしなくちゃいけませんよね。

昨夜の寝不足がたたったのか、
今日は力が出ず、ぼやぼやと1日過ごしました。


黄昏時

     IMG_1715.jpg


     IMG_1716.jpg

昨日は暑くてエアコンをつけました。
今日は寒くてカーディガンを着ています。

夕暮れ時、窓から外を見やって、あ、きれい、とカメラを取り出しました。
やっと、景色を楽しむ余裕ができたみたい。

8月からのアルバイトが終って、外仕事、旅行、そしてまたアルバイト。
そのあと、毎日縫い物ざんまい。
孫ふたりへ、綿入れちゃんちゃんこと、秋物のじんべいさんを、今日やっと縫い上げました。
母が見たら笑うでしょうね。
おやおや、なにやってるの、できるのかい?と。
不器用で学校の家庭科の提出物は、こっそり母に縫ってもらっていました。
あまり上手に仕上がるとばれるので、へたくそに縫ってと頼んだら、
へたくそ過ぎて、先生に怒られた……っけ。
不器用でも、時間をかければ、なんとかできるものです。
気付いたのは年をとってから。

じんべいさんが仕上がって、ゆっくり孫クンと遊んでいたら、
空が、やさしい色に暮れかかっていました。
今日もがんばりました。
明日もがんばります。

虫の声、蛙の鳴き声

午前は保育園の運動会。
午後は保育がお休みなので、夜まで孫のお相手です。

お茶のお稽古日だったのですが、朝、お休みの連絡と、旅のお土産をお届けに先生宅に伺いました。
朝から竹箒で露地のお掃除をなさっていました。
「みなさんお着物でいらっしゃるからね、きれいにしておかなければ」
先日のお茶事の話になり、お客様が「とても楽しかった」と後日先生に告げていらっしゃったとか。
「上手下手、失敗したとかどうかではないの。雰囲気がよくて楽しんでもらうのがいちばんなの」
少し気が楽になりました。未だに失敗のあれこれを実は気にやんでいたのです。
人の性格は千差万別です。
気にするなと言われても、気にしてしまうのがわたしの性格。
年をとって、多少世間ずれしても、根本のところは変わりません。
それがわたしと、丸ごと飲み込んで、やっていくしかない。
ぐちをこぼしながらだって、ぼやきながらだって、これまでだってちゃんと前に歩いてきたからね。

すっかり秋になりましたね。
虫の声、蛙の鳴き声がかしましいこの頃です。
プロフィール

柚木りん

Author:柚木りん
北国の林の中で、数十年暮らしてきました。
髪も白くなった今、これから向かう道すじを模索しているところ。
エッセイと写真で暮らしを綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク