FC2ブログ

虫やしない

ちょっと小腹が空いた時、お腹をなだめるためにいただくおやつを「虫やしない」というんだそうです。

よく夜中に目が覚めるんですよ。
そしてなかなかまた眠れない。
お腹が空いてます、たいていは。

ゆうべ夜12時少し前に目が覚めて、本を読んだりお茶の虎の巻を眺めたりしておりましたが。
とうとう空腹に負けて起き出しました。
冷蔵庫から取り出したのがこれです。
寒天!

       IMG_1516.jpg

昼間に寒天を煮固めてサイコロに切り、保存容器に入れておきました。
大きなスプーンですくいとり、その上にちょんと茹で小豆をのせました。
それだけ。
寒天のかみごたえがけっこうあります。
小豆の甘さにほっとします。
最近のわたしのお気に入り「虫やしない」です。
スポンサーサイト

秋霖

      IMG_1514.jpg

          IMG_1515.jpg


朝から雨です。台風の雨ではない、秋の雨。
霧がかかって暗くて寒いです。

午前は文集を仕上げ、会員のみなさんに送りました。ひとつ完了。
草取りは雨でできません。
畑は8割片づいたので、きのうから庭に取りかかったのですが。
野原どころか、原野どころか、荒れ野!!
草原が、我が家に押し寄せてきてます!!

古いじゅばんでエプロンを作る試みに手をつけていますが。
今日は手仕事をする気になれず、文庫本に逃避。
「風の市兵衛」さんとなかよくいたしました。
月末のお茶事も気がかりですが、
やるっきゃない!です。虎の巻を作成し、時間が空いた時に目を通します。
今度は失敗したくない!
先日、友人に問われるまま、これまでのお茶事での失敗の数々を話しましたら、
真顔で、
「よく、それで、お茶やめないで続けてきたわねぇ」と感心されました。
「わたしなら、とても続けていけない」と。
え?? そうなの? わたしってずうずうしいのかな?
かなり、ずしんときました。

秋は足早

IMG_1510.jpg
     IMG_1513.jpg

秋が駆け足で過ぎて行きます……て、どこかで聞いたような台詞ですね。

久しぶりにゆっくりできる1日でした。
どこにも出かけず、狭い世界での日常です。
こんな暮らしでブログを書いたところで……としょっちゅう迷いが出ます。


IMG_1511.jpg  IMG_1512.jpg


     

神無月

       IMG_1282.jpg

去年の今頃の月です。

9月は慌ただしく過ぎました。
はっと気づくと、もう10月。衣類の入れ替えをしなきゃなりませんねぇ。
きのうまで、またアルバイトに行っていました。
にんにく農家の友人からSOSのお願いが届き、今度は植え付けの準備の手伝いに走った次第です。
文集の制作も始まり、お茶事の準備も始まり、畑や庭の秋仕舞いもせねばならず、
孫のお世話はもちろん最優先ですし……。
日頃のんきに過ごしているので、こうも用事が重なるとパニックを起こしてしまいそう。
忙しいという時は、用事と用事の合間に、10分の休憩さえもとれないのだなと、妙に納得しました。

ある友人から、「でも、自分のことだしね」と言われてシュン。
そう、自分の楽しみ、自分のアルバイト、自分の孫のことです。
忙しいなんて口にしちゃいけないかな。

もうすぐ孫の4歳の誕生日。
ブロックを買ってあげる約束をしています。
明日あたり、アルバイト料を握りしめて、久しぶりに出かけてみるとしますか。

車のない1日

今日は車を車検に出しました。
いつもなら代車を貸してくれるのですが、今日はありません。
実はわたしの車はマニュアルです。
実はわたしはマニュアルの車しか運転出来ません。
オートマの代車はあるけれど、マニュアルの代車はないんだそうで。
仕方ありませんね。アルバイトも休み今日は車なしの1日。

午前は草取り草刈り三昧。
取っても刈っても、ちっともなくならない。
さてお昼、冷蔵庫になにもない。
なにか買いに走ろうにも、車がない。
冷凍ごはんを解凍して、納豆かけて食べました。

午後は次号文集の制作準備。
あれ? ホチキスがない。いくら探してもない。
急いで買いに行こうとしたけれど、ああ、車がなかったんだ。

そうだ、図書館に本を返しに行かなきゃ。
う〜む、車がない。

なんとまあ、車がないって本当に不便。
田舎の暮らしは、車がなければ、活動的に動けません。
夕方、保育園の迎えの時間ぎりぎりに車が帰ってきました。
ほっとしました。

アフリカみやげです。
アフリカに住む甥っ子夫婦からのおみやげ。
自分では絶対に買わない色と柄のエプロンですが。
笑い半分着用してみたら、あら、なんだか気分が明るくなります。
食事の支度にこのエプロンをしていたら、
孫クンにたしなめられました。
「これはね、おともだちがくるときとかに、するんだよ」
彼のお気に入りのようです。

        IMG_1509.jpg
プロフィール

柚木りん

Author:柚木りん
北国の林の中で、数十年暮らしてきました。
髪も白くなった今、これから向かう道すじを模索しているところ。
エッセイと写真で暮らしを綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク