FC2ブログ

  IMG_1679.jpg


気に掛かりながら買えないでいた甘酢漬け用の杏を、きのうやっと隣町の産直市場で買って来ました。
夕方、お父さんと帰ってきた孫クンが、めざとく見つけ、
「これなあに?」
「漬ける用の杏よ」
無言でじっと見つめる孫クン。
甘い婆は、
「食べていいよ、1個だけね」
渡された大きめの杏1個を握って、にこにこ走って行きました。
その10分くらいあと、走ってやって来ました。
杏の種を握っていて、
「これうめる」というのです。
ああ、種を土に植えたいのねと気づきましたが、
お通夜に出かけるところで、もう式服を着ています。
今出かけるから明日ね、と言っても、きいてくれません。
甘い婆は、
じゃ急いで植えようねと、ふたりで畑へ。
黒の式服姿で、ダリアの隣に、杏の種を植えました。
ここ数日、婆はほんとに甘いのです。
かなしいことがありました。

実は、お通夜は友人のお孫さん8才の子のお通夜。
長い闘病の末、天国に召されました。
虫取りが好きで、なにか虫をとると走って見せに来てくれましたっけ。
そうしてとった虫は、必ず逃がしてあげる、やさしい子でした。
最後に、頭をなでてあげた感触が手に残っています。
「神様のなさることにはすべて意味がある」と聞いたことがありますが、
こんな小さな子に、こんなむごいことに、一体何の意味があるのだと、思うのです。
スポンサーサイト

雨やまず

夜来の雨。
つらい知らせを聞きました。

やまぬ雨の中、
花たちは粛々と咲き継いでいます。
雨粒が、カメラにきれいに写っていて、
消えた小さな命を、天さえもが泣いているように思えました。

  IMG_1678.jpg


     IMG_1676.jpg


   IMG_1677.jpg

雨の中の紫陽花

やはり「紫陽花」の漢字表記が似合っている気がします。
紫陽花が咲き始めました。

 IMG_1674.jpg

 IMG_1673.jpg

今日は1日雨。
咳がなかなかやまず、息切れがするこの頃です。
お医者様は、「風邪をひいて咳だけが残ったというところですね。あとは時間」と。
大きな病気ではないとのことでひと安心ですが。
今日も掃除をしていて、すぐへばりました。

畑のかぼちゃが小さな実をつけていました。
直径3センチほど。
こんなに小さくても、もうちゃんとかぼちゃの姿なのですね。
ミニかぼちゃ「栗坊」です。

     IMG_1672.jpg

今日の畑

うすぼんやりしたお天気の1日でした。
ここしばらく風邪で外に出ていなかったので、体力が落ち気味。
少しずつ外の仕事もしなければと、今日は草刈りをしました。
やはり体がききません。
いつもなら20分は連続で草刈り機を使えるのに、
今日は、5分でへばる。
10分休んで5分。また10分休んで5分……
それでも気になっていた家周りだけでも、きれいにできました。
すかっと心が晴れます。

畑の花を見てくださいな。
  じゃがいもの花
     IMG_1666.jpg

  なすの花
     IMG_1668.jpg

  トマトの花
     IMG_1667.jpg

  かぼちゃの花とミツバチ
     IMG_1670.jpg

  ブルーベリー
     IMG_1671.jpg

大ひやり!

文集の原稿を打ち終わり、ゲラ刷りを校正をして下さる仲間に送りました。
その校正結果が今日届き、夕方早速に修正に取りかかりました。
それぞれの原稿を呼び出し修正し保存し……を繰り返しておりましたが、
あと少しとの気のゆるみか、押すべき所ではない所を押してしまったんですねぇ。
なんと、ワードの中の書類が全部消えた!
え?なぜ?どうして?
あわてふためくも、どうやったって、復活しない。ぎゃー。
重い心を抱えつつ、息子の帰りを待ちました。
そして、あれこれ操作しながら息子の、
「まだ、全然パソコンわかってないんだね」
の言葉とともに、復活、よかった!
ええ、わかっておりません。なので、変な所を押しちゃうし、パニックに陥るし。
でも、助かりました。
1ヵ月かけて打ち込んだ原稿を、また最初からやりなおさねばならぬかとぞっとしました。
どこかで講習を受けたわけでもなく、
教習本を読んだわけでもなく、
見よう見まねで、十数年。
怖いもの知らずだったと、今思い知っています。

さあさあ、また消えてしまうハプニングが起こらぬ前に、
とっとと、印刷してしまいましょうか。
プロフィール

柚木りん

Author:柚木りん
北国の林の中で、数十年暮らしてきました。
髪も白くなった今、これから向かう道すじを模索しているところ。
エッセイと写真で暮らしを綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク