FC2ブログ

1日をていねいに

「これからをどう生きていきたいですか」と尋ねられた何度かの折に。
「1日1日をていねいに生きていきたいです」なんて語ったことありました。
うそではありません。でもね、そうできているかといえば、自信がない…。
そもそもていねいに生きるって、どういうことなんでしょうね。
無駄な時間をつくらず、勤勉に働いていくこと?
と、何となく思っていて。
だから、あまり暑くて外仕事をさぼったりしていると、後ろめたさが身を責めます。

わたしはなまけものだなあ、とよく思う。
家族がいなくなって、「しなければいけない」仕事が激減したら、ほんとにのほほんと暮らしている。
「今までがんばったのだから、それでいいのよ」と優しい友人たちは言ってくれますけれど。

自分の身を守ることにはていねいですね。
だって体をこわしたら、自分も身内も大変な思いをすることになります。
母が50代で認知症になり、ずっと介護をした娘としては、身にしみてます。

人とのつきあいもていねいにしているつもり。
子供の頃から人付き合いが下手だったから、友だちは本当に宝です。
どんな親しいつきあいでも、粗雑につきあっちゃいけないと肝に銘じて。

お金はねえ…。
ていねいに使わなきゃ、暮らしていけないものね。論外か。

少しはていねいに生きられているかなあ。
今日も暑さを口実に草刈りをさぼりました。(懺悔)

プロフィール

柚木りん

Author:柚木りん
北国の林の中で、数十年暮らしてきました。
髪も白くなった今、これから向かう道すじを模索しているところ。
エッセイと写真で暮らしを綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク