FC2ブログ

震災から50日

東北に住んでいると、親戚縁者、友人知人、やはり東北に住んでいる人達が多いです。
うちも、兄夫婦が仙台に。無事でした。
友人のご主人が陸前高田出身です。ご親戚みなさん無事とのこと。
おじさんが亘理町にいる、友だちが山田町にいる、娘さん、息子さんが宮城岩手にいるという人達の話を聞き、でも、みなさん無事だったと聞いて、よかったねと胸をなでおろしていましたが。
今日、訃報を聞きました。
甥っ子のお嫁さんのおばあさんが、宮城松島町で、津波で亡くなられたと。

ちょうど2年程前の今頃。
甥っ子の結婚式で仙台に行きました。
きれいな花嫁さんは、おばあちゃん子だったということ。
花嫁の手を引いて嬉しそうに歩いていたおばあさま。80代とはいえ、お元気でおきれいで上品な方でした。
あの方が、と、胸ふさがる思い。
ご家族はどんな思いでいらっしゃるか。

震災から50日ほどが過ぎてなお、毎日、新聞やテレビのニュースで涙が流れぬ日はありません。
生きて行く事は、こんな繰り返し。
無常、理不尽、不条理…。
その中で、小さな喜びを見つけて、それを大きな支えにして、たぶん、みな、生きて行くのだろうけれど。
でも、災禍の中の苦しみは、余人には推し量るすべもない。
そのことを忘れずに、謙虚に支えていかなければと思うのです。
スポンサーサイト



プロフィール

柚木りん

Author:柚木りん
北国の林の中で、数十年暮らしてきました。
髪も白くなった今、これから向かう道すじを模索しているところ。
エッセイと写真で暮らしを綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク