FC2ブログ

図書館へ行くと

図書館はありがたいですねえ。
買わずに、何冊も読みたい本を借りられます。
新刊はいつも貸し出し中で、なかなか借りられないけれど。
あまりベストセラーの本には興味ないから、さほど困らない。
本はいつもそばにあってほしいけれど、わたしの読みたい本はほとんどが娯楽小説だから、購入するほどでもない。ほんと、図書館はありがたいです。
小さな町の図書館です。
数日おきに出かけます。
書棚をぶらぶらながめて歩くのが好きです。
静かなのもいいですね。
人があまりいませんしね。
退職されたとみえるおじさんたちが、のんびり新聞を読んでいたりします。

図書館に勤めるのが夢でした。かないませんでしたけど。
時々、分類の間違いやら、作家の名前のまちがいやらをチェック。いえ、文句言ったりはしませんて。
ひとりでにやっとするだけ。
夢がかなわなかったかなしさを、ひとりで晴らす、ちっちゃな人間です。

ふしぎなのですが。
書棚を眺めて歩いていると、吐き気がしてきます。
なぜ?
車酔いのような感じです。目が図書の背文字をせわしく追うことで、
三半規管がおかしくなってしまうのかな。
むかし、子ども達が、町の本屋さんに行くといつもトイレに行きたくなると話してました。
なんだか、医学的に説明がつくことなんだそうです。
本酔い、ってのもあるんでしょうかね。
スポンサーサイト



プロフィール

柚木りん

Author:柚木りん
北国の林の中で、数十年暮らしてきました。
髪も白くなった今、これから向かう道すじを模索しているところ。
エッセイと写真で暮らしを綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク