FC2ブログ

小粋でかっこいい人

        IMG_1685.jpg


ほんの10日ほどの間に、訃報がふたつ。
8歳の子と94歳の方。
今日は94歳のその方の葬儀でした。

文章教室で知り合ってから20年以上が過ぎました。
グレイヘアでしゃきんとしていて、いつもおしゃれで。
穏やかで、それでいてこれぞという時には、江戸っ子の気性そのままにスパッと物事を裁断する。
あんなふうに年をとりたいねぇ、と仲間内でよく話したものです。
訃報を聞いた時には、とてつもないショックでした。
いつかはこんな時がくると、誰もがわかってはいても、
まだ先のことと、考えがち。

葬儀の最後に、息子さんが挨拶されましたが、その中で、
「母は、息子の自分から見ても、小粋でかっこいい人でした」
ああ、そう、小粋でかっこいい人、そうそう、そうでした。
息子さんからそう評されるなんて、なんてすてきなことでしょう。
写真の中で、ちょっとはにかみながら、ほほえんでいらっしゃいました。

大切な人の死に出会うと、
「なぜ、自分なんかが、今こうして生きていられるんだろう」と考えます。
そして、今の日常を、もっとしっかりていねいに生きていかなければと、改めて思うのです。


プロフィール

柚木りん

Author:柚木りん
北国の林の中で、数十年暮らしてきました。
髪も白くなった今、これから向かう道すじを模索しているところ。
エッセイと写真で暮らしを綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク