FC2ブログ

手紙を書く

家族や友人とのやりとりは、便利なメールがほとんどになりましたが。
やはり、手紙でなくてはならない時もありますね。
11月に入ってから何度かそういうやりとりがありました。
手紙を書くのは、嫌いではないです。
お気に入りの封筒や便箋、切手もあれば、るんるん楽しんで書きます。
ただ、意図を正確に、公平に伝えなくてはならない場合などは、ちょいと気が重い。

小さなグループに属していて、先日その集まりがあり、
当日欠席した方に、会の様子や話し合いの内容を伝えようと、ペンをとりました。
う〜む、こういう場合、自分の感想、感情ぬきに伝えようというのはむずかしい!
なぜかというと、その内容が、自身が納得できないなりゆきでしたゆえ。
公正に、公正にと念じながら、3回書き直しました。
やっとのことで投函し、
数日後、その返事が来ました。
また、その手紙への返事を書くのに、呻吟……。
返書のやさしいその文面に、つい本音を書きたくなりましたもので。
迷い、思い直し、また書き、また破り捨てる……15枚の便箋を破り捨てて、
未だ、書き終えておりませぬ。

感情的になってはならぬ、形式的になってもならぬ、
親しさが過ぎてもならぬし、そっけなくてもいけないし。
考え過ぎては、いよいよ書けなくなりますねぇ。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

柚木りん

Author:柚木りん
北国の林の中で、数十年暮らしてきました。
髪も白くなった今、これから向かう道すじを模索しているところ。
エッセイと写真で暮らしを綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク