FC2ブログ

チューリップの約束

明日から師走。そう考えると寒々としてしまいます。
今日から冬のダウンを着始めました。

何年前ぐらいからだったか、庭仕事への興味ががくんと減り、
せいぜい見苦しくない程度に、手を入れようとは思うものの、徐々に手抜きとなり、今や我が家の庭は野趣あふれる状態です。
チューリップなども、もう何年も植えたことがありません。
むかし植えて、かろうじて生き残った球根が、あちらに1本、こちらに1本、春に顔を出すくらい。
この春、そのチューリップを、孫クンがいたく喜んではしゃいでいたので、来年はもっと植えようねと約束していました。
すっかり忘れていたのですよ。
きのう、慌てて遠方の園芸店にかけつけ、チューリップの球根を買いました。
植えるべき時期はとうに過ぎています。なので、種類は少なく価格も半額でした。
だいじょうぶ。むかし、12月に球根を植えた事があるけれど、春にはちゃんと咲きましたから。

        IMG_1558.jpg

チューリップの約束とは、
冬を越して春になった時に、ちゃんと咲いてねというやくそくと、
わたしたちも、元気に冬を越して、明るく咲いたチューリップを見ようねというやくそく。
若い頃はなんのためらいもなく、先へ先へと、いろんな約束をしていました。
最近は、その約束ひとつが、とても重く感じられます。
      
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

りんさんへ
         こんばんは

チューリップ  春に咲くのが楽しみですね。
お孫さんの喜ぶ顔を想像するだけで 笑みがこぼれます。

何時何が起こるか分からない、 自分の身に自信が持てないから
 約束のひとつが本当に重く感じる歳になったのですね。

和歌子さんへ

おはようございます。
今日は朝から雪です。
きのうのうちに球根を植えてよかったとほっとしています。

たった数カ月のことなのですけどね。
確とした自信を持って約束出来なくなりましたよね。
大丈夫とは思うものの、ぼんやりした不安があります。

チューリップには辛い思い出がありまして。
夫の病気がわかったあと、秋にチューリップの球根を植えていて、
ふと、夫はこの花が咲く頃、生きているだろうかと考えてしまいました。
その時の恐怖がずっと心に残っていたのですが、
孫の笑顔のためにと思えば、トラウマもなんのそのと思えるから、幼子の力はすごいです。
孫の為にも、自分の為にも、元気でいなきゃいけませんよね。
和歌子さんも!
プロフィール

柚木りん

Author:柚木りん
北国の林の中で、数十年暮らしてきました。
髪も白くなった今、これから向かう道すじを模索しているところ。
エッセイと写真で暮らしを綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク