FC2ブログ

大つごもり

同じような日々を積み重ねてきて、今日は大つごもりです。
力が抜けて来たのか、力が落ちたのか、定かではございませぬが、
お年取りとお正月の準備も、気張らずにさらりと流し、
あと数時間で新しい年を迎えます。

田舎の、変わり映えしない日常のブログに、
こんなんでいいのかなと、迷い迷い、続けてまいりました。
訪問下さったみなさま、ありがとうございます。
どうぞ、明るい新年をお迎え下さいませ。
よいお年を!
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

力が抜けたのか、落ちたのか。
アッハッハ夜中にひとりココロの中で大笑い。
あ、そういうことだったのかと。納得。
わたしも、ま、何日かかけたせいもありますが、ずるずるずる〜と楽チンに終わりましたわ。(抜けたか落ちたか、はい、ストンと腑に落ちます)。
で、起きていてもしょうもないので、サッサと早寝ましたら、先程足が、足が攣りまして。
芍薬甘草湯 飲みストーブつけて、座ると痛いのでストーブの前に立ったまま、所在ないのでタブレット開いて、こうして時の過ぎるのを、痛い足を踏み踏みしながら……あ、あ、治ってきました、ふ〜

今時計を見ましたら午前1時。
明けましておめでとうございます
新年早々こんなへんなコメントを、送るまいかと思いましたが、エイッ送っちゃお。りんさんと話してる気分で、痛さを紛らわしてもらえました。
もう足はぜんぜん大丈夫です。

こんなへんてこりんですが、今年もよろしくお付き合いください。

No title

りんさんへ

新年明けましておめでとうございます。

北国の顔も知らない方とブログで繋がり
偶然同じ年だったのにびっくり

 りんさんのブログを 共感したり 感心したり 
くすっと笑えたりと楽しみに読ませて頂いております。

私もこんな田舎料理なんて とブログを閉じようかと思いながら
認知防止だとパソコンを打っています。

今年も平穏で楽しい年になりますよう
              宜しくお願いいたします(^0^)





yokkorinさんへ

あけましておめでとうございます。
足のつる痛さで新年を迎えられましたか。
早々に厄払いしたわけですね。

力はね……まだまだ余裕とどこかで思っていてもねぇ……。
母や父や叔母たちの、わたしの年齢の頃を思い出してみれば、
ああ、と腑に落ちます。
素直に現状を受け入れて、のほほんとまいりましょ。

へんてこりんどころか、背筋の通った暮らしはわたしの憧れです。
どうぞ今年も、よろしくお願いいたします。

No title

あけましておめでとうございます。
今年もよきお付き合いをお願いいたします。

名も知らぬお友だちが北国にいて、お喋りをしているような気持ちになれるブログっていいな、と思います。
一度はりんさんにお会いしたいな、と想像を巡らしたりしますが、会えないことが友だちでいられるいい距離なのかもしれないですね。

和歌子さんへ

あけましておめでとうございます。

本当に不思議な出会いですよね。
以前にもお話ししましたが、父の知人が熊野市に住んでいて、子供の頃、冬になればみかんと塩干しのさんまとが、木箱で送られてきて、それがとても楽しみでした。
熊野はどこかなつかしい、幸せな記憶の地なんです。
同じ歳で、同じ年頃の孫がいて、共感することいっぱいありますよね。
和歌子さんのお料理は、気取りがなくて実生活ですぐ安心して使えるものばかり。
お料理上手な友人とお話ししている感じです。
どうぞ、今年もよろしくお願いいたします。

わすれ草さんへ

あけましておめでとうございます。
こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします。

こんな地味なブログに、いつもやさしいコメントを下さって、ありがとうございます。
わすれ草さんのブログへは、なんだかちょっと敷居が高くてコメントなかなかできないですが、毎日必ず拝見しています。
まじめなんだけど、ちょっとそそっかしい(失礼?)わすれ草さんの日常が、とてもリアルで、映像がゆったりと目に浮かびます。
会うこともなく、文字だけでやりとりするからこそ、その人の姿がありありと浮かぶものなのかもしれませんね。
プロフィール

柚木りん

Author:柚木りん
北国の林の中で、数十年暮らしてきました。
髪も白くなった今、これから向かう道すじを模索しているところ。
エッセイと写真で暮らしを綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク