FC2ブログ

一泊の旅

かねてより、観たいなぁと願っていた薪能。
願いがかなって行って来ました。
福島県会津若松市の能楽堂で。
新幹線に飛び乗って乗り換え2回で4時間の旅。
東京へ行くより時間がかかります。
久しぶりの一人旅?
いえ、純粋に自分の楽しみのためにだけの旅は、たぶん初めてです。

IMG_1702.jpg
   
     IMG_1701.jpg

       IMG_1703.jpg
IMG_1704.jpg

ちょっと残念だったのは、実際には薪が焚かれていなかったこと。
以前薪の火がはねて、枯れ芝に燃え移り、消防車が出動する騒ぎになったことがあり、
それ以後、電熱器の灯りになったのだそうな。

開場を待つ間、待っている者隣同士でおしゃべりをしました。
驚いたのは両隣のおふたりとも、能、あるいは謡をなさっているのだということ。
会津は能の盛んな土地柄なのでしょうか。

さて開演。
仕舞から始まり、演目は「経政」。
詳しいお話は省きましょう。(実は自分でもよくわかっていない)
能を映像ではなく実際に観るのは初めてだったので、もしや、途中で飽きるか?と懸念しておりましたが、
余計な心配でした。
引き込まれ、体を前にのり出していました。
わたしだけではなく、おとなりの方も。
謡と舞と演奏の、絶妙なかけあい? とりあわせ?流れ?
うまく言えません。
これはその場で体感するしかないですねぇ。

その夜はホテルに泊まり、翌朝帰るつもりでいたのですが、
孫のお迎えは心配しなくていいから、ゆっくり楽しんできてと、息子からのメールがありました。
うれしい!
時間がなくてあきらめていた鶴ヶ城と、茶室麟閣を観られます。

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

よかった!
台風と鉢合わせで、観られたのかしらと、会津の天気予報を見ながら案じていました。
思い切って行って良かったですね!
わたしは二十歳の頃、父と目黒の能楽堂で初めてのお能を観たのですが、なにやらよく覚えていません。もったいない話ですが、その時のわたしには面白さが理解出来なかったのでしょうね。
機会があったら、あらためて観てみたいです。

息子さんの思いやり、なによりでしたね。

yokkorinさんへ

ありがとう。台風と顔をつきあわせることになるかと覚悟していたのです。
電話で聞いたら、雨でもやりますとのことで。
能楽堂はもちろん屋根があるし、客席にはテントが張られていました。
予報は雨90%だったのにふらなかったの。
ところで、おとなりの席の方が以前大宮の薪能をみていて、
そちらもすばらしいから、ぜひ行かれた方がいいですよと勧めてくれました。
今度はyokkorinさん行って来て!
5月4週目の金土の2日間だそうです。
たのしいたのしい修学旅行でした。
プロフィール

柚木りん

Author:柚木りん
北国の林の中で、数十年暮らしてきました。
髪も白くなった今、これから向かう道すじを模索しているところ。
エッセイと写真で暮らしを綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク